ヘアカラーは薬剤だと言うことを忘れずに!

ヘアカラーは薬剤だと言うことを忘れずに!

ヘアカラーは強い薬剤だから考えて使って!

今の時代、お手軽にそして気軽に髪を好きな色に染められるヘアカラー。
でもヘアカラーは【お手軽=とても強い薬剤】だと言うことも覚えておいて下さい。

 

特に怖がったり使用を控えたりする必要はありませんが、ヘアカラーについて、正しい認識を持っていることで、むやみな使用はしなくなると思いますので。。。

 

ヘアカラー剤には、ジアミンやアルカリ剤が含まれています。

 

なので、地肌に触れると、人によってはピリピリとした痛みを感じたり、、場合によっては髪の毛が荒れる事もあります。

 

美容室でカラーをすると聞かれた事があると思います。

 

『痛くないですかー?』

 

『ピリピリしませんかー?』などなど。

 

それがまさにヘアカラー剤の化学薬品の影響ってコトなのです。

 

なので、美容室によっては、ヘアカラーをする前に、その人の肌敏感具合を聞いてくれて、ヒリヒリしそうなお客さんにはそれに合わせて薬剤を調合してくれたりします。

 

また、ヘアカラーは脱毛を誘発させやすくします。

 

それを良く理解している美容室のプロは薬剤を地肌に付けないように毛束を分けて塗る作業を組んでくれます。

 

そして一番お手軽なのが市販のヘアカラー。

 

良くドラックストアなどで売られているヘアカラー剤は、何と言っても安い!そして自宅で自分でできるお手軽さが最高ですよね。

 

でもその分、強い薬剤が多く使用されている事が多いようですので注意が必要です。

 

市販のヘアカラー剤は美容室のように痛くなったりヒリヒリしたりしにくいから、薬剤も弱いのでは?!と思う方が多いかと思います。

 

イヤイヤ、それは逆ですね。

 

【お手軽=非常に強い薬剤】なのです。

 

痛くなったりヒリヒリしたりしないのは、弱いのではなく、何も感じなくなるほど、頭皮を麻痺させているとも言えるのです。

 

そんな脅すわけではありませんが、そのようなリスクがあるということです。

 

なので、出来ることなら、ヘアカラーはプロの美容師さんにお願いするのがホントはオススメです。